カテゴリ: 廃ホテル


これは私が高校生の頃からずっと見てみたかった光景だ。

高校時代、公共交通機関のほとんどない田舎の町で育った私は遠出する手段がなく、また、遠出する資金もなく、ネットサーフィンをしてはまだ見ぬ廃墟に思いを馳せていた。

そんな中、いつか絶対に行ってみたい廃墟というのが二つあり、一つは廃墟の魅力に取り憑かれたきっかけである遊園地の廃墟、そしてもう一つはこの水面鏡の廃墟であった。

青い海と二つの青い空。

その美しい光景に私は心を奪われた。

ところが、高校生の私に一枚の写真からその廃墟の場所を特定することはできなかった。

でもどうしても行ってみたくて、もし誰かがこの場所に連れていってくれたなら、その人がバーコードハゲのおっさんでも、200キロ超えのデブでも、どんな相手でも好きになるだろうと思った。

「とっておきのところに連れていってあげるから、君は目をつむっていて」

そう言って私をあの場所に連れていってくれる人がいて、そこでプロポーズをされたらどんなに素敵だろうと思った。

どういう育ち方をしたら廃墟でプロポーズをされたいと願う女子高生が出来上がるのか分からないが、取り敢えずどうしてもあの光景を自分の目で見てみたかったのだ。

しかし高校卒業後数年が経ち、なんとなくあの廃墟の存在も頭の中から薄れていった。

そんな時、ツイッターのTLで見覚えのある光景を見つけ、高校時代の記憶と夢が呼び起こされた。

水面鏡の廃墟だ。

場所を特定するのは容易だった。

若干距離は遠いが、有名な廃墟らしい。

私は直ぐに行動を起こした。

ここに行かなきゃ、死んでも死に切れない!

…ということで来ました。


この螺旋階段で有名な廃墟らしい。


上から。


見晴らしがめちゃめちゃいい。

天気も晴れて良かった。
 

なんだろうこの形。


ペンギンみたいで可愛い。


この撮影、


結構怖かったりする。


ずっと見たかった光景。

結局、「とっておきのところ」に連れていってくれたのは自分自身だった。

目をつむっているだけじゃ、私には何も訪れないことに気付かされた。

欲しいもの、見たいものは自分の手で。


またね。


今回はマーブルのようなペンダントライトの可愛い、田舎町のホテル跡を訪れた。

ジャングルかよ〜、と思いながら坂道を数分登ると五階建てのホテルが現れた。


二階にはポップで可愛いロビーがある。

私はこのロビー以外に興味がないので、ささっと撮って熱中症で倒れないうちに帰るつもりだ。


今回からの新しい相棒。

三脚が重すぎるので極端に暗い廃墟でない限り、これからはこの子と一緒に廃墟を訪れようと思う。

廃墟で脚立を担いでいる女子がいたらそれは私です。
 

黄色。


青。


誰かの忘れ物らしいクマの人形。

まだ綺麗で、このホテルが廃墟になってから忘れられた人形だと思われる。

因みにこれと全く同じ人形が私の家に二体いる。元は三体いたが、一体は妹に譲った。

あるスーパーで買い物をしてシールを貯めると、このクマの人形を安く購入することができるのだ。


クマの存在感強いな〜。


暑過ぎて死にそうなので帰る。

明日も更新するのでお楽しみに。

前日の夜が色々と忙しく、ほとんど眠らないまま早朝の飛行機で出発。

本当はその日の午後からこの物件を訪れるつもりだったのだが、眠すぎて着いた途端ホテルでダウン。

翌日改めて撮影に臨んだ。


世界遺産にも登録されている、このお城の跡を奥に進むと、目的のホテルは現れる。


私は寒いのが大っ嫌いなので、冬より夏の方が好きだが、毎年八月に入るとその考えが揺らぐ。

とにかく…暑い。
既に帰りたい。


このホテルは有名な物件だが、そこまで面白い廃墟ではないと思う。


岩が…

どうしたらこういう状況が出来上がるのだろう。


窮屈そうに木が生えている。


檻の中に妖怪を発見。

沖縄らしい植物。

ああ、二階から声がする。
暑いし…
早く帰ろう。


明日は水族館でも行って、飛行機で戻ろうと思う。

皆様、熱中症に気を付けて。

↑このページのトップヘ